2013年10月

firstlook!

韓国の知り合いに頼んであった春馬くんが載ってるfirstlookが届いた〜!
春友さんのも含め8冊頼んだら10冊送ってきてびっくりした(笑)
これって、売ってない韓国雑誌みたいね。
image


ハンサムも、春馬くんは映像出演だけど行くことにした私。しかも2回(笑)
その映像がまた見たい!と思えるようなやつだったら1回じゃ後悔するやん?
だから2回にしたんだけど、もしかしたら1回にしておけば良かったー!と思えるような映像かもしれない。
しかし、こればっかりは分からないので2回にしたわ。 さぁ、どちらに転ぶかな〜(笑)

みかんハートのPVもC&Kのアルバムを買わないとついて来ないみたいだしー!
全く商売上手だわ!(笑)
買わないけど。そのうちスカパーとかで流れるのを待つ!(笑)

そして、真夜中の5分前!

中国では、もうあれだけ情報がアップされたり、撮影状況がツブやかれたりしてるのに何で日本ではまだ発表されないんだー!
中国語→日本語変換アプリもさ、イマイチわけわかんない訳になるねよね!
あー、じれったいわ(笑)
韓国人なら知り合いいるけど、中国人の知り合いいないしー!(笑)

隊長いしちゃん。

みかんハート

朝の情報番組でC&KのみかんハートのPVに春馬くんが出演!という情報が!
あたしゃ、その時間は寝てまして(笑)
起きたら、lineのコメント数が凄くてビックリしたわさ。

YouTubeで、一部は見れるけど、やっぱりフルでみたいよね?つーことでリクエストをしましょう!一人何回でもオッケーみたいです。

リクエスト | MUSIC ON! TV(エムオン!)
http://www.m-on.jp/request/?action_request_search=True&artist_id=5355
スカパーリクエスト

隊長いしちゃんでした。

2014年、春馬くんカレンダー!

春馬くんのカレンダー!
メールによると、

撮影のシチュエーションや構図など、 細部まで春馬本人がこだわって 作り上げた一品です! ぜひチェックしてみてくださ い!!

今回のカレンダーのテーマは 「三浦春馬のONとOFF」。

役者として、男らしく艶やかに 人を魅了する「ON」の顔と、 飾らず、少年のような無邪気さ を持つ「OFF」の顔。 春馬の持つ2つの魅力を様々な シチュエーションで見せる、 驚きと見所たっぷりのカレン ダーです!!

と、書いてある。

ん〜、早くみたい!

でもさ、今年はB5の卓上カレンダーなんだよね。小さいな

ちなみに、健は日めくりカレンダーと壁掛けカレンダーの二種類発売になるらしい。
いいなー。羨ましい!!

そして、春馬くんのカレンダー、アスマートとその他で買うのと特典が違うんだよね。
これは、2つ買えと言うことか?(笑)

隊長いしちゃんでした。

小説『真夜中の5分前』感想。

急に寒くなって風邪をひきそうな隊長いしちゃんです。

PM2.5の影響で春馬くんは体調を崩してないかしら?上海だからとりあえず大丈夫かな?

真夜中の5分前、読み終えました。
AとBを合わせて普通の1冊分くらいだから意外にすぐ読み終えた。

これからネタバレしますので、まだ小説を読んでない人は注意してください。

感想→ん〜……。ん〜……。
作者の人がこれは恋愛感情小説ですと言っていたけど、確かにそう思う。
でも、この作者は一体何を言いたいのかわからなかった。
……だから?結局なんなの?って、感じ。

最後、主人公は『ゆかりさん』と言って部屋をでたから、物語りとしてはそれで終えられることは出来るかもしれないけど、な〜んかスッキリしない小説だったな〜。
村上春樹みたい(笑)
昔、村上春樹のノルウェーの森が大ヒットしたけど、私には何であれがあんなにヒットしたのかイマイチわからなかった。
どうやら私は村上春樹の世界観が苦手らしい。

だから真夜中の5分前という作品も私にはあまり……。
この小説は好き嫌いが別れるね。

まぁ、しいていうなら主人公の恋愛感情的な部分は理解できるかな〜。

そして、当然のことながらこの小説の主人公を春馬くんに置き換えて読んでたけど、これね、結構演技力を求められる役だわよ。
ポイントは3ヶ所!あの3ヶ所を春馬くんがどう演じるのか…。
もちろん、まぁある程度ナレーションで主人公は感情を語ると思うけど、基本は演技で表現しなくちゃいけないわけだから…。
春馬くんの演技に期待!

今から楽しみです。

ちなみに、この作品の初披露は来年5月のカンヌ国際映画祭なのかしらね。
あと7ヶ月も先やんけ〜!遠いな〜(笑)

隊長いしちゃんオリジナル海猿短編ストーリー!一本化。

前編・中編・後編を一本にまとめてみました。
そして、気づかなかったんだけど後編の最後が切れてた!
つまり最後の屋上ブロックが途中で切れてた!
なんでだ?ちゃんとアップしたつもりでいたんだけどな〜。
と、言うことでこれはちゃんと最後までアップされてると思います(笑)

主な出演者
仙崎大輔・・・伊藤英明
仙崎環菜・・・加藤あい
吉岡哲也・・・佐藤隆太
服部拓也・・・三浦翔平
矢神純弥・・・三浦春馬(初登場)
池澤尚子・・・吉本美代子

では、スタート!

仙崎は第6隊の隊長になった。
吉岡も仙崎率いる第6隊の副隊長!
服部は機動救難士からトッキュー隊に入り、これまた第6隊の一員になった。
機動救難士のままでも良かったのだが、服部にとって仙崎は目標でもあり憧れの先輩!
ゆえに、仙崎の元で働きたい!学びたい!そいう思いがあった。

ー朝ー
公務員社宅。
階段下。

仙崎『じゃ、行ってくるから』

カンナ『うん、行ってらっしゃい。気を付けてね♪』

2歳になる長女『広海(ひろみ)ちゃん』をあやしながら送り出すカンナ。
その横には長男の大洋がいる。

大洋『パパ行ってらっしゃい󾮕』

仙崎は広海と大洋の頭を撫でて、なごり惜しそうにその場から去っていく。
そして、カンナから貰ったダイバーズウオッチのタイマーをセットし、走り出した。

仙崎はトッキュー隊に入隊してから基地まで毎日走って通勤している。
これも訓練の一貫!年をとった分、周りの若いやつら以上に体をいじめぬかないと、体力はついていかない…。

走っている最中、仙崎の脳裏に浮かぶのは潜水訓練研修でバディだった工藤と、ながれ時代にバディだった池澤さんだ…。

訓練時代の思い出や池澤さんとの思い出が次々に仙崎の脳裏をオーバーラップしていくー。

工藤『大輔すげーじゃん!トッキュー隊の隊長だなんて!お前ならなれると思ってたよ。頑張れよ!』

池澤『お前がトッキュー隊の隊長か…トッキュー隊も落ちたもんだな…』

ー横浜防災基地ー

この日は仙崎大輔率いる第6隊の初顔合わせの日だー。
仙崎もさすがに緊張しているが、どこか浮き足立っている。
次々に名前を呼ばれ、銘々が挨拶していく…。
そして最後にひよこ隊から上がったばかりの矢神純弥(三浦春馬、笑)
服部とは潜水課程の同期。
トッキュー隊には特別興味がなかったが同期の服部がトッキュー隊に入ったことを知り、矢神はトッキュー隊になった。
自信過剰で、ちょっと小生意気。
抜群の運動神経と感のよさで、潜水課程研修でもトップ!潜水士になってからも、そつなく訓練をこなし、周りに敵なし!といった感じで勝ちほこっていた。

仙崎『と、いうことで最後は矢神!自己紹介しろ』

矢神『第9管区新潟海上保安部から来ました矢神純弥です。よろしくお願いします。』

お辞儀をする矢神。

仙崎『確か・・・・・服部とは潜水課程研修で一緒だったんだよな?』

矢神『はい。』

仙崎、服部の方をみる

服部『は、はい!バディ組んでました!』

仙崎『そっか、じゃ、服部!色々教えてやれ!』

服部『はい!わかりました!!』

仙崎『よし!(真剣に)え〜〜!今日から俺が隊長になったからには〜!エロ本の持ち込み禁止!』

鼻で笑う矢神。

このままだと仙崎がどんどん墓穴をほっていくと思った吉岡は・・・・・・

吉岡『大輔さん!そろそろ訓練を始めた方が宜しいかと思いますが・・・・・』

と、一言。

仙崎『えっ?そ、そ、そうか?・・・・・・。』

吉岡『・・・・はい。』

仙崎『では、これから訓練を開始する!とりあえずウォーミングアップで基地の周りを10周!それが終わったら腕立て・腹筋・懸垂50回を3セット!』

全員『はい!』

みんな部屋を飛び出していくー。


ーその日の夜ー

仙崎は服部と矢神を自宅に連れてきた。

仙崎家のメニューは焼肉!
美味しそうなお肉がズラリと並ぶ。

カンナ『今日は吉岡くんは?』

仙崎『美香ちゃんと予定があるんだってさ』

カンナ『へぇ〜。あの二人もなかなか結婚しないね〜』

仙崎『俺も早く結婚しろよって言ってるんだけどな〜。なかなか踏ん切りがつかないみたいで・・・・・』

カンナ『そっか・・・・・』

仙崎『まっ、とりあえずほら、お前ら、食え!食え!』

カンナ『うん、遠慮しないでたくさん食べてね〜』

二人『いただきます!』

肉を大量に奪う二人。
カンナもびっくりするほどだ。
どんどん肉を焼くカンナ。
仙崎も二人の食べっぷりに呆気にとられている。

仙崎『お前ら、そんなにガッツかなくても…俺の肉が・・・・・』

カンナ『大輔くん、何そんなちっちゃなこと言ってるのよ〜。この子たちは今が一番食べ盛りなんだから〜。
たくさん食べていんだからね〜。大輔くんの分も・・・・・』

二人『(遠慮する気はなさそうに)はい!』

もくもくと食べる二人
ふつてくされ、とりあえず缶ビールをイッキ飲みする仙崎。

仙崎『ところで、矢神は何でトッキューに入りたいと思ったんだ?』

矢神『(淡々と)僕ですか?・・・・毎日訓練ばっかりで退屈だったんで…。トッキューに入ったら少しは忙しくなるかなと思って・・・・・』


服部『(固まる感じで)忙しいって、お前・・・・・』

仙崎も、その言葉を聞いて顔が変わった。言葉を言いかけた仙崎だったが、ふと、昔を思い出した。

源教官『お前は何故潜水士になりたいと思った』

仙崎『はい!船上勤務では退屈でした!』

源教官『何ー!退屈だとー!』

様子が変わった仙崎を心配したカンナ。

カンナ『大輔くん?』

仙崎『・・・ん?』

カンナ『どうかした?』

仙崎『い、いや別に・・・』

気を取り戻して、広海ちゃんをダッコする仙崎。

仙崎『(デレデレな感じで)ちろみちゃん!なんてかわいんでちゅかぁ〜(*^^*)』

広海の鼻にパクつく仙崎。
しつこいくらい何回も広海の鼻にパコつく。
さすがに広海も何回もやられて嫌になったのか、仙崎から離れて若い服部&矢神の元へ行こうとする。

カンナ『ひーちゃんは、やっぱり若くてカッコイイお兄ちゃんの方がいいのね〜』

仙崎『(いじける感じで)俺だって昔は若くてかっこよかったんだよ!』

カンナ『(その姿を見て)大輔くんは今でも十分カッコイイよ♪』

仙崎の頭をイイ子イイ子するカンナ。
仙崎、急にデレ〜ッとした顔になり

仙崎『俺はやっぱり、カンナにチェックイ〜ン〜!』

いつもの決めポーズをする仙崎。

カンナ『(照れ恥ずかしいく)ちょっと大輔くん!イヤだ〜!ふ、二人がいる前で…』

しかし、その顔はちょっと飽きれていた…。

大洋『僕にもして〜!』

仙崎に飛び付く大洋。

仙崎『おぉ〜大洋もきたか♪』

今度は大洋にキス責めする仙崎。

服部『(箸を止め)仙崎さん!じゃ、僕にもチューしてください!』

冗談半分で言うと仙崎は嬉しそうに服部近づき、無理矢理チューをしようとするが、突然やめ…

仙崎『(ギャグのオチのように)やるわけないだろ!』

矢神はまだ仙崎のノリについていけず、その光景を微笑ましく思いながらひたすら焼肉を食べ続けていたー。


ーー横浜防災基地ーー

この横浜防災基地は、あらゆる海難事故に対応する為の訓練施設が整っている。
6隊は朝から訓練づくし。
声を張り上げて隊員たちに激を飛ばす仙崎。
通常、入りたての新人はトッキュー隊の訓練に着いていくのがやっとなのだが矢神は他の隊員と同じようにこなしていく。
その姿には仙崎をはじめ、他の隊員たちも驚くばかりだ。


ーーシャワールームーー

窓からの陽射しが矢神と服部の後ろ姿に反射して二人の細く引き締まった肉体にキラキラと輝いている。
二人は訓練で汗だくになった体をシャワーで洗い流していくー。

服部「やっぱお前は凄いな〜。俺なんて特救に入りたての頃は着いていくのがやっとだったのに」

矢神「これくらいたいしたことないだろ。お前がヘボすぎなんだよ」

服部「(ちょっとムッっとする)・・・・・・。」

矢神「ところでさ、仙崎さんて何者?イマイチ読めないっていうか・・・。何であの人が隊長になれたのか俺には分らないんだよな。
あんな人が俺らの隊長だぞ?・・・何がお前にチェックインだよ」

服部「・・・仙崎さんは凄い人なんだよ・・・俺の憧れだし、少しでもあの人に近づきたいと思ってる」

矢神「お前、仙崎さんのこと絶賛だな。俺にはあの人がそんなに凄い人だとは思えないけど…。みんな言ってるぜ!仙崎さんは結局、周りに迷惑をかけてるって。思いが強すぎて周りが見えなくなって。そんな人が隊長になっていいのか?俺らも巻き沿いくうのは御免だよな」

服部「矢神は本当の仙崎さんを知らないからそう言うんだよ。お前だって知ってんだろ?仙崎さんが関わった事故の事。・・・そのうちわかるさ、仙崎さんの凄さを・・・」

矢神「・・・凄さねぇ・・・・・(冷めた感じで)俺はそういう奴が一番嫌いなんだよ」

シャワーを留め、その場から立ち去る矢神。

矢神は隊長になってからの仙崎しか知らない。
確かに仙崎は特救隊の隊長になり、少し浮かれているところがあるが、
そういう姿しか見てない矢神はどうしても気に入らないのだろう。・・・。。


ーー防災基地近くの料理店『ざうお』ーー

席の周りが池州になっており、そこに魚が泳いでいて、客がその魚を釣って食べれるというテーマパーク的な店だ。
そこに仙崎と吉岡が矢神を誘い、やってきた。

早速、釣りを始める3人。

矢神『そういはえば、仙崎さんと吉岡さんて昔からバディだったんですよね?』

珍しく矢神の方から話しかける。

吉岡『そう、ながれ時代に仙崎さんに担ぎ上げられて研修に行かされて、それ以来ずっと…な』

仙崎『(子供のように)おー!キタキタ!釣れたぞ!』

慌てて竿をあげ、魚を取る仙崎。
続けて吉岡、矢神も魚をゲット!
店員さんに魚を渡し、料理として出てくるまで、お通しとビールで場を繋ぐ。
仙崎『あれだよな・・・確か矢神も服部とバディだったよな?』

矢神『はい、潜水研修時代に・・・・』

仙崎『矢神は、何で海保に入って潜水士になろうと思ったんだ?』

仙崎に問いかけられ、一瞬、矢神の脳裏に男の子が『お兄ちゃん!お兄ちゃん!』と叫んで溺れる姿がフラッシュバックした。


仙崎は矢神の表情を見て、何かあると思ったが、ここはひとまず聞くのをやめる。

仙崎『・・・・・・服部は、研修生時代はどんな奴だった?』

矢神『服部ですか?…チャラかったですよ。船からの推薦で無理やり研修を受けさせられたみたいでしたから、そこまで潜水士になりたい!っていう思いはなかっはたんじゃないですかね。研修の時も暇さえあれば女の話しかしませんでしたから』

矢神は、そんな服部をあまり良く思っていなかった。
チャラいが人懐っこい性格だっ為、
皆に好かれていた服部。
成績もそこそこ良かったため、矢神にとって服部は鼻につく存在だった。

仙崎『(ニヤニヤしながら)女の話をするのは男として正常だろ〜。なっ?吉岡?』

吉岡『はい、正常正常。仙崎さんなんて、頭の中はエロだらけだし!』

仙崎『吉岡、それは言い過ぎだろ』

吉岡『(顔がひきつる)あぁ〜すみません』

仙崎『そっか〜。・・・・確かにな、俺が初めて服部と会った時も・・・・・・・・・・
まっ、でも、今はあいつも成長したしな』

脱線した会話を元に戻す仙崎。

吉岡『そうそう!頑張ってますしね、あいつは良いトッキューになりますよ、きっと・・・・・。矢神も服部を見習って頑張れよ』

矢神の肩をポンと叩く吉岡。
その言葉に何となく腹が立って、ムッとする矢神。

矢神『あいつの何を見習えって言うんですか?俺は研修時代にだって、あいつに負けたことなかったし・・・・・・逃げたりしません!あいつ、ガスプラントの事故の時、逃げたんてすよね?
マジあり得ねーし』

鼻で笑う矢神。
そんな矢神の姿をみて・・・・。

仙崎『・・・・・・なぁ、矢神。
・・・・・・人間はみんな弱いんだぞ。
・・・その弱い部分を・・・・・・仲間の弱い部分をお前は笑うのか?
・・・・そんな奴に人の命を救う資格はないぞ・・・・・・。』

矢神を諭すように言う仙崎。

矢神『逆じゃないですか?弱い人間が人を救助出来るんですか?・・・・・強い人間じゃないと救助なんかできないと思いますけど。・・・・・・・・・俺は服部とは違いますから…』

そう言うと矢神は立ち上がり
『お先に失礼します』と言って帰ってしまった。

吉岡『…あいつ・・・・・』

ため息をつく仙崎と吉岡。
そこへ『よう!』と言って矢神とすれ違いに第2隊隊長の三島がやって来た。

三島『今、出てった奴、矢神だよな?』

仙崎『あぁ』

三島『何かあったのか?』

仙崎『いや、別に何でもない・・・・』

店員が料理を運んでくる。

仙崎『お前も一緒にどうだ?座れよ』

吉岡『どうぞどうぞ』

食べだす3人。
昔話に花が咲き、ついついお酒も進み、3人ともホロ酔い気分になってしまった。

テーブルの上に置いてあるエビの殻をじっと見る仙崎。

仙崎『勝負しようぜ!』

三島『勝負?』

仙崎は『あの時、エビが入って来なかったら俺はお前に勝ってた!』

三島『(爆笑しながら)あの時?・・・・・・あ〜〜〜!
お前まだ根に持ってたのか』

三島『エビが入らなくたって、お前は負けてたよ』

仙崎『なんだと〜!』

三島『なんだよ・・・・』

お互い睨み合い・・・・・
洋服を脱ぎ、席から池州に飛び込んでしまった。
あたふたする吉岡。
このあと、二人がこの店を出入り禁止になったこと言うまでもない…。


ー羽田特殊救難隊基地ー

仙崎大輔率いる6隊初の当直日。 これから明日の午前9時までの24時間、出動に備え待機する。

朝から凄まじい訓練、いや!しごきが始まる。
連日のシゴキでさすがの矢神も少々へばっていた。
と、そこへ大きなカゴを押しながらおばさんがやってきた。
そう!ヤクルトおばさんだ。
おばさんの周りに集まる隊員たち。
そしてじゃんけんを始める。
トッキュー隊名物「ヤルクルトじゃんけん」だ。

仙崎「(真剣に!尚且つ、熱く)いいか〜!俺はチョキを出すからな!チョキを出す ぞ!分かってるよな!?俺は隊長だぞー!チョキを出す ぞ!」

口説い仙崎。 ここ数回、負けてばかりのいるので必死だ。

吉岡「(苦笑しながら)大輔さん、カッコ悪いっすよ!ここは正々堂々とやりましょうよ! せーの!ヤクルトじゃんけんじゃんけんポン!」

仙崎はチョキ
仙崎以外、全員グー。

隊員全員「(喜びながら)イエ〜イ!」

服部「仙崎さん!ゴチになりま〜す!」

ヤクルトを手にする隊員たち。

仙崎「お前らな〜!・・・・ったくも〜。」

財布を手に取り、中を覗き込む仙崎。

仙崎「あ〜ぁ、今月何回負けてんだ俺。また環菜に怒られちゃうよ…」

と、渋々お金を払う仙崎。

救難信号! ププププー!
基地内に緊張が走る。

スピーカーから「3管から出動要請!現場は千葉県銚子 沖!子供二人が岩場に取り残されており、時化と満潮で身動きが取れない模様!」

仙崎「6隊出動準備!」

隊員「はい!」

急いでウエットスーツに着替えヘリに乗り込む隊員たち。


ーヘリの中ー

通信士「現場は岩礁のせいで潮の流れが複雑で早い模様! 巡視船「かとり」が警救艇で救助に向かったが近づけな かったとの連絡あり! 一緒にいた人物の証言によると岩場に取り残されたのは池澤真子ちゃん9才と関和明くん8才の2名!」

仙崎「!!」
吉岡「!!」

ー岩場ー

二人が取り残されている岩場はすでに足元まで潮が満ちていた。
時化が酷い為、二人が流されるのも時間の問題だった。

明「真子ちゃん、僕達死んじゃうのかな?」

真子「そんなことないよ、絶対にパパのお友達が助けに来てくれるよ!ねっ?パパ?」

首にかけていたお守りを手に取って見つめる真子ちゃん。

明「そのお守り、な〜に?」

真子「真子のパハ!真子が生まれる時にパパが無事に生まれてきますように!って、ママにくれたんだって」

明「へぇ〜そうなんだ〜」

真子「パパは海で人を助けるお仕事をしてたの。だから絶対にパパが守ってくれるよ」

ギュッとお守りを握り締める真子ちゃん。


ーヘリの中ー

要救助者が子供という事もあり、ヘリのダウンウオッシュ で吹き飛ばされる可能性がある為、 仙崎は悩んだあげくダウンウオッシュの風が二人にかから ない場所で隊員を降下させ、そこからを泳いで岩場まで行 かせる事にした。

仙崎「矢神!服部!行けるか!?」

二人「はい!行けます!」

ヘリから降下する矢神と服部。 必死に泳ぐが思った以上に潮の流れが速く、なかなか岩場に辿りつけない。

真子と明が波に足を取らる!

仙崎「(ヘリから)流された!」

服部「真子ちゃん!明くん!」

真子・明「(もがきながら)助けて〜!」

矢神「絶対に助けるから待ってろー!」

必死に泳く二人。

服部が明君にたどり着く。

服部「(笑顔で優しく)もう大丈夫だよ、安心してね」

明「うん。」

矢神も真子にたどり着き、真子の手を掴んだ。 その瞬間! 矢神の脳裏に「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」と叫ぶ男の子の姿がフラッシュバックし、つかんだ手を放してしてしまう。
流されていく真子。

服部「(怒鳴り声で)お前!何やってんだよ!!」

ハッとする矢神。気が動転する。
その姿をみた服部は明くんを矢神に預け、真子を救助し行く!

服部「真子ちゃん!」

もがきながら波に飲まれる真子。
岩礁に叩きつけられ、気を失ってしまう。 服部、やっと追い付く・・・・・・・・。

服部「(必死に)真子ちゃん!真子ちゃん!」

真子を揺さぶる服部!
しかし反応がない・・・・・・。

矢神「(明くんを抱え、呆然とその光景を見ている)………」


ー数日後・横浜防災基地ー

休憩時間だというのに1人トレーニングルームで筋トレを している矢神。
そこに仙崎が入ってくる。

仙崎「休憩時間にトレーニングか・・・。体を休めるのも 仕事のうちだぞ」

矢神「体を動かしてた方が気持ちが楽になるんで・・・」

仙崎「・・・完全に自身を失ったか?」

矢神「別にそんなんじゃないです」

仙崎「・・・どうだ、初めての出動で救助できた気分は・・・・」

矢神「おちょくらないでください ・・・救助したのは服部です」

トントン

ドアから真子の母(池澤尚子)が入ってくる。

仙崎「尚子さん!ご無沙汰してます!」

尚子「久しぶりね!仙崎さん。元気?」

仙崎「はい!元気です。尚子さんもお元気そうで・・・」

尚子「何とかねぇ・・・。隊員の方に聞いたら多分ここだろうって教えてくれたから・・・」

仙崎「そうですか・・・」

尚子「仙崎さんが特救隊の隊長になってたなんてびっくり したわ〜。まーくんもきっと喜んでると思うわよ」

照れる仙崎。

仙崎「で、今日は・・・・何の・・・」

尚子「いや、真子がね、どうしても助けてくれたお兄ちゃん達にお手紙を書くっていうから今日はそれを持ってきたの」

仙崎「わざわざありがとうございます。で、真子ちゃんは方は大丈夫ですか?」

尚子「うん、まだ念のために入院してるけど、もうすっかり元気になってるわ〜。
・・・・・・・・真子にね、まーくんがくれたお守りをいつも持たせてたんだけど、そのお守りが真っ二つに折れてたの。
まーくんが真子を守ってくれたのかなと思って・・・・・・・。」

仙崎「(想いに更ける感じで)池澤さんが・・・・・・。」

仙崎の脳裏に池澤がオーバーラップする。

尚子「じゃ、これよろしくね」

仙崎に手紙を渡す尚子

尚子「私はこれで失礼するわ〜」

仙崎「あっ、はい。今度またゆっくりいらしてください。 環菜も喜ぶと思うんで…」

尚子「うん、今度は真子を連れて伺うわ」

仙崎「はい。是非」

部屋を出ていく尚子を、一礼して見送る仙崎。
尚子から貰った手紙読み、目頭が熱くなる。
そして矢神に近寄る仙崎。

矢神「真子ちゃんて、知り合いのお子さんだったんですね」

仙崎「あぁ、俺の元バディの子だよ。」

矢神「えっ!?」

手紙を渡す仙崎。

仙崎「真子ちゃんが俺たちにって・・・・・・・・。読んでみろ」

手紙を受け取り読み出す矢神。


とっきゅーたいのお兄ちゃんたちへ

いつも日本の海をまもってくれてありがとうございました。
そして、真子いのちも助けてくれてありがとうございました。
真子のパパはお兄ちゃんたちと同じ、とっきゅーたいでお仕事をしていました。
パパは、真子が生まれたときお仕事中に死んじゃったから、真子はパパのはたらいているところを見たことはないけど、助けてくれたお兄ちゃんたちを見て、パパもこんなふうにお仕事をしていたのかなと思って、パパがすごく近くにいるようなかんじがしました。
真子は今まで夢とかなかったけど、夢ができました。
真子の夢は海上ほあんかんになることです。
これからつらいことや、かなしいことがあっても、がんばってぜったいに海上ほあんかんになるので、お兄ちゃんたちもがんばって、たくさんの人をきゅうじょしてください。

池澤真子。


矢神「(涙が溢れてくる)・・・・・・・」

そして、溢れる涙を啜りながら仙崎に自分の過去を話し始める。

矢神「・・・・・・俺の弟、海が大好きだったんです。将来は海上保安官になるんだって言ってました。
でも・・・・・弟の夢を奪ったのは・・・・・いや、夢を奪うどころか・・・・・俺は弟を見殺しにしたんです」

仙崎「えっ?」

矢神「・・・・中学の時、弟と弟の友達と俺の3人で海へ行ったんです。
・・・・ちょっと目を離したすきに二人が流されちゃって、 すぐに助けに行ったんですけど その時の俺では一人助けるのが精いっぱいで・・・
真っ先に弟を助けようと思いました・・・・・・・・。
そしたら弟の友達が俺に抱き着いてきて・・・
振り払って弟を助けようと思えばできました。
でも、必死に掴んでくる子を振り払うなんて・・・俺にはできなかった。
・・・・・・・弟は俺の目の前でお兄ちゃん!お兄ちゃん!って叫びながら溺れて沈んでったんです・・・。
俺には・・・俺にはどうする事も出来ませんでした・・・」

仙崎「・・・・・・・・・」

矢神「真子ちゃんを救助した時、弟が溺れて叫んでる姿が急に浮かんできて・・・。
・・・そしたらなんだか急に怖くなって…俺。」

仙崎「・・・・・・・」

矢神「・・・・・・情けないですよね」

仙崎「(冷たく)・・・・・・・そう思うならこの仕事やめちゃえよ。 俺達はお前をそこまでの人間だったんだなって思うだけだ」

矢神「(ムッとする)・・・・・・」

仙崎「なんだ、優しい言葉でもかけてほしかったか?」

矢神「(ふてくされて)別にそんなんじゃないですけど…」

仙崎「あのな、矢神。理由は何であれみんな1度はそうゆう経験してるんだよ。 それをみんな乗り越えてここまできてるんだぞ」

矢神「・・・・・・・・・」

仙崎「・・・・・・・・実は俺もな、バディを目の前で亡くしてるんだ。
一人は研修時代。溺れてる人を助けようとして。 もう一人は銃で撃たれて俺の目の前で死んだ。 ・・・・真子ちゃんのお父さんだ」

矢神「えっ!?」

仙崎「俺もそんなに人間強くないからな、その時はかなり落ちた。
たぶん、今のお前よりも落ちてたよ」

矢神「・・・・・・・・・」

仙崎「・・・・・・・・・なぁ、矢神。
今までお前は勝ち負けにこだわってここまで来た。
そして結果も出してきた。
違うか?」

矢神「・・・・・・・・・」

仙崎「でもな、矢神・・・・・・実際の人命救助は勝ち負けなんて関係ないし、そんなのどうでもいんだよ。ただ目の前で助けを求めてる人を救う!・・・それだけなんだよ。」

矢神「(涙が溢れる)・・・・・・」

仙崎「矢神・・・・・・弟の分まで頑張れ。弟の死を無駄にするな」

涙をこらえようとすればするほど涙が溢れだす矢神。

二人の沈黙が続く。

矢神「(涙をこらえながら)・・・仙崎さん、俺・・・・大丈夫ですから。こんなことくらいで諦めませんよ。仙崎さんを楽勝で超えてみせますから」

目いっぱいに涙を溜めて微笑む矢神。

仙崎「(微笑んで)お前はほんとに生意気なやつだな」

矢神の頭をくしゃくしゃにする仙崎。

仙崎「100回腕立てやっとけ」

矢神「(涙をぬぐいながら)そんなにできないっすよ」

仙崎「いいからやれ!」

矢神「じゃ、仙崎さんも一緒にまりましょうよ」

仙崎「えっ?俺もか?」

矢神「はい」

仙崎「俺は遠慮しとくよ」

矢神「何でですか〜やりましょうよ!!」
早速、腕立てふせをやりだす矢神。

仙崎「しょうがねーなー」

仙崎も一緒に腕立て伏せをやりだす。

その二人の姿はどことなく昔の池澤と仙崎を彷彿させる光景だった・・・・・・。


ー横浜防災基地・屋上ー

海を眺めてる矢神。
そこに服部が来る。

服部「よっ!」

矢神「おぉ。」

矢神の目が真っ赤に腫れていることに気づく服部。慰めの言葉でもかけてあげようとやってきたのだが、おそらく仙崎に何か言われたのだろうと察する。

服部「(矢神の肩に手をやり)終わったらキャバクラ行こうぜ!」

矢神「キャバクラ?行かねーよ」

服部「可愛い子が揃ってる店みつけたんだけどな〜…」

矢神「マジか?」

服部「うん、マジ!だから行こうぜ!」

矢神「いや、でも今、金ないし。お前の奢りなら行ってやってもいいけどな」

服部「なんで俺が奢らなきゃなんないんだよ」

矢神「じゃ、行かねー」

服部「(少し考えて)分かった、じゃ借してやるよ!」

矢神「借すのかよ!」

服部「俺だってな、気を使って誘ってやってんだよ」

矢神「余計なお世話だよ。・・・でも・・・・・・ありがとな」

矢神「・・・微笑む」
服部「・・・微笑む」

矢神「(深呼吸して)あー、やっぱ海っていいよな〜!眺めてるだけで心が癒されるな」

服部「(笑ながら)何ガラにもないこといってんだよ」

矢神「(照れ笑いして)いや、なんか言ってみたくなってな」

服部「そっか・・・・・・(笑顔)よし!じゃ、今夜決まりな!」

矢神「だから、行かねーよ」

服部「お前好みの女の子もいたんだけとな〜」

ピクッと反応する矢神

そこに

仙崎「俺好みの女の子はいるか?」

二人の肩を叩き、割り込んできた仙崎。

ビックリする二人。

服部「も、もちろんいますよ」

矢神「(ニヤっとして)じゃ、今日は仙崎さんのゴチと言うことで行きますか!?」

服部「それいいな!」

二人「ゴチになりまーす!」

仙崎「何でそうなるんだよ!」

二人「ゴチになりまーす」

走ってその場から立ち去る二人。

仙崎「俺は小遣い制なんだぞー!お前ら!・・・・今度環菜にちゃんと説明しろよー!」

時計を見る仙崎

仙崎「おっ、ヤベ〜!俺も行かなきゃ。」

走り出す仙崎ー。

終わり(笑)

お読みいただきありがとうございました(笑)







予告って怖い。

今日は謝罪の王様を観に行きました。
ヤクザの話。セクハラの話。芸能人夫妻話まではおもしろくてかなり笑ったけど、それ以降は失速感ありありであまり笑えなかったかな。

謝罪の王様が始まる前の予告を観て『土竜の唄』と『潔く柔く』が見たくなった。
でも、予告って見たくなるように作ってるから本編を観て結構ガッカリ!ってことが多いんだよね。でも、土竜の唄は絶対に面白いと思うわ。別に土竜の唄のPちゃんか上原さんだからプッシュしてるわけじゃないよ?(笑)
でも内容と配役を見ればある程度面白いか面白くないかは分かるよね。
潔く柔くは正直面白いか面白くないかはわからない。少女漫画が原作の映画化はけっこう難しいんたよね〜!その原作がヒットしてればしてるほど原作のイメージが強すぎるから。
でも、岡田将生たしとりあえず見に行くわ♪
私、岡田将生くんけっこう好きだし(笑)
かといって、岡田将生には嵌まらないのだ。
なんでだろ(笑)

三浦春馬くん→交通事故にあってしまった。
こっちは何もしてないのに、ちゃんと交通ルールを守ってるはずだったのに春馬くんが突然当たってきたんだよ!
そりゃもうビックリだよ!

岡田将生くんは、交通事故ににあってない(笑)
岡田くんは、なかなかあたってこないんだよね(笑)

その違いだ。
お休みなさい。

あっ、ちなみに劇場で予告は見てないけど『カノジョは嘘を愛しすぎてる』もかなり期待しております♪(*^^*)

隊長いしちゃん。

真夜中の5分前が届いた。

こんばんは。
今日はTwitterで知り合った人達と数人で春馬会です。
好きな人の事を思いっきり話せるって良いよね
!凄く楽しみ

そしてそして、密林で注文してたこれが届きました。
image

帰ってきたのが遅かったのでまだ読んでません。
この小説、ネットにあがってたストーリーと感想を読む限りではイマイチっぽいけど、とりあえず自分の目で読んでどんな感じか確かめてみたいと思います。

例のフランス訳をみた限りでは根本的な物は同じだと思うけど、設定系をけっこう変える感じがします。
ちみなちに、フランス語訳はこんな感じです。

真夜中 'に撮影'5 分、2014年にカンヌで発表され、中国と日本の共同制作は、モーリシャスで11月に開催さ れます。
MTPAとモーリシャス航空と共同 で太陽リゾーツの このイニシアチブは、中国市場への私たちの国を促進することを目指し ています。
中国は大きな市場の拡大 で、モーリスは attraを持っている
ミッドナイト 'に'5ミニッツロマ ンチックで神秘的 なプロットを持つ 膜であり、ほとん どの電子に求め日 本の三浦春馬とセシリア劉、 女優の新星として キープレーヤーが 一堂に
映画とテレビ生産は地元モーリシャスでも最高のを提示する映画に 見えると言うシャ ン胡斌、映画広告 のセールスディレ クター、上海の副会長を楽しむ、その高級なイメージと愚劣を投影するためのプ ラットフォーム。
"映画それを通して 中国市場で先のイメージを高めるためには良い方法はありません。

別の訳サイトはこんな感じででました。
image

image

image

image

image


とりあえずこんな感じ(笑)
やっぱり日本語訳が変だよね(笑)
あー、私の回りにフランス語を話せる人がいないことを悔やむ(笑)

まぁ、この作品は日中合同制作と言うことで、世界で通用する俳優になりたいという春馬くんの夢に、一歩近づいた気がしますね。

とりあえず、日本でも早く正式に発表してもらいたいです♪(*^^*)
ちなみに春馬くん、この映画の役作りなのか、髪を切りましたね!
この映画の役は普通のサラリーマンなので、昔の髪型に戻っちゃった(笑)
広斗の面影は全くなし!です。はい。
友達に画像を送ったら、あらら〜!普通やん!
全く色気がなくなってしまったのね〜!
残念!言われました。
サラリーマン役なんだから仕方ないだろ!
と、言い返したかったけど、その言葉はとりあえずのみました。
でも、昔からのファンの人達は元に戻った感じでこっちの方が良いのかな?

とりあえず春馬くんは役者だから役で雰囲気を変えるのは当然のこと。
この映画で良い演技をしてくれればOKです!
おばちゃんは、暖かく見守りますわ♪(*^^*)

隊長いしちゃんでした。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

S-最後の警官が読みたくてネットカフェに行ったんだけど、見あたらなかったので(結局はあったんだけど、笑)何となく今度映画化になるし、原作者が青木さんだしと思って『カノジョは嘘を愛しすぎてる』読んだらはまってしまった(笑)
13巻が11月下旬発売らしいから楽しみ

映画も観に行くわ!
でも…主人公のアキは…健じゃないな〜。
たって、健…背がそんなに高くないし。
どっちかと言ったらイメージ的に春馬くんの方が合う気がする。

真夜中の5分前を健がやって、カノジョは嘘を愛しすぎてるを春馬くんがやれば良かったのに(笑)

ちなみに、瞬→翔平。
心也→名前わからん。夏の月9に出てた子。
見た目は合ってる気はする。

隊長いしちゃんでした。

真夜中の5分前

年末のハンサムライブに春馬くんが出演しないので(正確にはフィルム出演)かなり落ち込んでる隊長いしちゃんです。
でも、AAAには出てくれるみたいなのでとりあえずホッとしております。

何で春馬くんがハンサムライブに出ないのか?
もしかして卒業?何か仕事の都合?と思ってたら何と!11月上旬から映画の撮影が始まるらしい。 まだ日本では正式発表にはなってないみたいだけど、どうやら日中合同映画みたい。

http://ilemaurice-tourisme.info/5-minutes-to-Midnight-L-ile-Maurice-au-Festival-de-Cannes-2014-2292.html

『真夜中の5分前』とかいう小説の映画化!

はい、わたくしAmazonで早速この小説を購入致しました!まだ届いてないけど(笑)

読んだ人の感想を読む限りでは雰囲気が村上春樹っぽいらしい。

このアドレスにアクセスしたら全部英語だったので、ゆっきーに訳を頼んだら『これ、英語じゃないよ、たぶんフランス語』と言われたので、フランス語を日本語に変換するアプリを落として訳したんだけど、このアプリがイマイチ 頭よくなくて分からんかったけど、2014年のカンヌ映画祭とか、11月上旬からから撮影とか、モーリシャスとか、出てきたので何となく理解できたような出来ないような…(笑)

おそらく来年のカンヌ映画祭の出展を目指している的なことかなと…。
でも、真夜中の5分前のストーリーを読んだ限りでは出展出来るような内容ではないような…(笑)

まっ、正式発表を待つしかないですな。

またまた三浦春馬くん画像(笑)

image

image

image

image


あまりにもカッコイイ画像だったので作りたくなってしまいました(笑)

隊長いしちゃん。

今クールのドラマ。

今週から続々とドラマが始まるね〜。
一足早く竹内結子のダンダリンが始まったけど、日テレお得意の公務員系のお話!
ぶっちゃけ、マンネリ化でイマイチだったから、もう見ないわ。連ドラ予約を解除した(笑)

あと、これまた日テレのドラマ恋愛適齢期を見たけど、主演女優をOAまで明かさない!って、引っ張った割りには優花でさ(笑)
これ、引っ張る価値あるのかな?って、思った(笑)
まぁ、内容は普通…。
一応、連ドラ予約を解除するのはやめて様子を見ることにする。

隊長いしちゃん

ひっかかってます。

ラスシンの特典映像の中のキャストのクランクアップ集で、EXILEのケンジ?が『次は本編の方で読んでいただけるよう、今から演技を磨いていくんで中野さんよろしくお願いします』って言ってんだよね。
な〜んか、この言葉がひっかかる私(笑)
深読みしすぎか?

フジテレビさん、SPでいいのでやってください!お願いします♪(笑)

隊長いしちゃん。

ラスシンDVD!

ラスシン特典映像!
一時間ちょっとしかなかったけど、出演者の座談会やNGシーンとか面白かったな♪

その座談会の中で篠原涼子が広斗は春馬くんにしか出来ない!的なことを言ってたんだけど、私もその通りだと思う。

広斗役に三浦春馬を選んだプロデューサーさん?スタッフ?素晴らしい!
まさか三浦春馬くんにあのような役がハマるとは!
制作の皆さまは、やっぱり先見の目があるわね〜(*^^*)

ドラマの内容も、久しぶりに良い恋愛ドラマだったし、世の中の女性たちに夢を与えてくれた作品でした。
やっぱり恋愛ドラマこうでなくっちゃ!
視聴者に夢を与えなくっちゃ!
かなり久しぶりに度ハマリした恋愛ドラマでした。

そしてラスシンがあそこまで話題になったのは、最初はもちろん篠原涼子主演!だったからだけど、途中からは三浦春馬くん様々だったよね〜(*^^*)
三浦春馬くん、お次はどんなドラマに出てくるルのかしら?楽しみで仕方ないわ♪
image

image

ちなみに特典映像のシークレット映像!
ラストシーンノーカットversion!
良かったわ♪(笑)

隊長いしちゃん

カレンダー。

アスマートからこんなメールが来た〜♪

2014年度「三浦春馬カレンダー」の販売を行うことが決定致しました!

今回のカレンダーのテーマは「三浦春馬のONとOFF」。
役者として人々を魅了する三浦春馬と、飾らない素顔の三浦春馬。
春馬の持つ2つの魅力を、様々なシチュエーションで見せる、
驚きと見所たっぷりのカレンダーです!!
是非、お楽しみにお待ちください♪


ん〜、ONとOF!楽しみだわ〜(*^^*)
このギャップ好きにはたまんない(笑)
月別アーカイブ
プロフィール

隊長・いしちゃん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
最新トラックバック
Ads by livedoor