2015年01月

無題(追記あり)の追記。

草なぎ剛の「銭の戦争」
期待してなかったけど、面白かったわ!
これからも見るの確定!
韓国ドラマのリメイクだからハマる要素が沢山あるんだよな〜。
言い方を変えれば昭和の大映ドラマをちょっと現代風にした感じ?

父親のお葬式シーンは良かった!

草なぎ!言ったれー!と思いながら見てました(笑)

「金で失くしたものすべて、金で取り戻す!」

続きが楽しみです

春馬くんもいつか、こんな感じのドラマに出演してくれたらいいな〜(❁´ ︶ `❁)

追記ー
今日、友達と真夜中を見に行きました。

友達の感想。

一番は本多さん作品のファンということから観に行った私。
本多さんの小説は市井の人々の機微を描いたものが主。主人公もたぶんどこにでもいそうな普通の男の子。
それを、美形が過ぎる三浦春馬くんがやるとな?しかも本多作品のうち妙に難解な落とし所の明確でない奴を。
しかも中国で⁈
期待というより「お手並み拝見」的な興味満々で観た。

最初はやはり違和感。
だけど…
いつの間にか「もうこれしかないでしょ!大ハマりです!」と心底からひっくり返っている自分に納得いかない程ビックリ。
レトロなアジア。古い異国。日本のようで、
全く違う異世界。
時計の音、ネジ巻きの音、水音、
揺らぐ淡い光、色彩。
そこにいる三浦春馬はすごく自然で。
独り日本人というアウェイ感が、近づいたようでやはり遠い周囲との埋められない距離感・孤独感・もどかしさにめちゃくちゃ当てはまっていて。

普通に名作日本映画「永遠のゼロ」での三浦春馬より、なぜこんな地に足のつかない耽美的な作品のなかで「当たり前」に自然に存在するんだろう、この人は。
不思議でいっぱい。
でも、あぁ、これなら「巨人」の無国籍感にも繋がるわとまで腑に落ちたりも。

琴線に深く響く久しぶりのこの感じ。
最近の映画(特に日本映画)にはないこの感じ。

監督・三浦春馬含め、全てのスタッフに
脱帽敬礼。
ありがとうございました。

上映終わって灯りがついたら、首かしげて腕組みして小さく唸ってたってたから、ダメだったかな〜と思ったんだけど、真逆の感想で嬉しかったわ〜

そうなんよ、春馬くんがこの映画のあの世界観を作り出したのよね〜。
そこら辺は行定監督も言ってたもんね!

この春馬くん、何回見ても良いわ〜

昨日友達と映画を見終わったあとに↑の感想以外にも色々と話しまして、
私が「鼻・口・耳のシーン、何とも思わなかった?」と聞いたら

「あのシーンね!一瞬、最初の時は、あれ?って目を疑ったけど、意図的に編集してるのね!と思った。
あのシーンは他がゆったりしてる分、ちょっと違和感あったよね」と。

「やっぱりそう思ったでしょ?私もさ、妙〜に違和感を感じるんだよね、あそこだけ。
監督にあの意図をすごく聞きたいわ〜。
全体の流れ的に、あそこのシーンをつまんだ方が効果的だったんだろうか・・・
摘まないバージョンと両方見てみたいわ。」

と、言うような会話をしまして、このブログでも数回書いていますが、何故かこのシーンにこだわってしまう私でした(笑)


僕いた第一回

ほんとは昨日のうちに書きたかったんだけどね〜・・・
もう日にちが変わってしまいましたが、1年前の昨日は「僕のいた時間」第一回の放送でした!
1年前の昨日から3ヶ月間は私の頭は僕のいた時間一色だったっけか

寒くない?寒くない。ハクション!
からの〜拓人のあの表情!

うまいな〜と、関心していたらマフラー的な

あれはちょっと卑怯だったわ!

脚本もうまかったな〜。

さすが橋部さん!って思ったし

僕のいた時間、見る予定なかったけど、お風呂に入る前にそのシーンだけちょこっと見てしまったわ〜(笑)

ほんと良いドラマでした〜

さて、今日は友達と6回目の真夜中を見てきま〜す
見終わってから語る予定

映画は友達と行った場合、見終わってから語り合うのが楽しい

新年会の会話

仲間内での新年会。

「もう海猿は無いけど今年も宜しくー!(笑)」

で乾杯

今週は肉の会の新年会だけど何故かパクチー専門店での新年会(このメンバーは、肉も好きだけどパクチー狂でもある、笑)

来週はこれまた海猿の仲間内新年会。
再来週は、別の新年会。
体もつかしら(笑)

まぁそんなことはさておき、この前の新年会!昼から夜まで「あーでもない、こーでもない」と喋くりました
女ってホントにお喋りよね〜(笑)

その一部。

映画の話になり…
そこからの流れ…

「そういえば、ともやすって映画を見ないで舞台挨拶を回るの反対派だっけ?」

「はい。そうですよ〜。だって失礼じゃないですか。」

「私もラス猿まではそう思ってたんだけどさ〜、その時、知人に《舞台挨拶で空席があるようだったら、空席が出てる回に行って、空席を埋めてあげるのが本当のファンじゃないの?》って言われた事があってね。
それまではそんな概念、私には無かったからさ、言われて衝撃を受けたというか、そうだよな〜って思ったの」

「あ〜・・・。この前の春馬、空席あったんですか?」

「あった。最後はオークションで原価割れしてたらしい。
しかも実際に最初の回は私の前4席並びで空いてたし、その前の列の2席も空席だったんだよね。なんかさ、この空席を見て春馬くんどう思ったかな〜と思った。
やっぱり空いてるより埋まってる方が嬉しいと思うはずだしさ…
だから埋めてあげる為にも舞台挨拶を回ったんだよね。最初の段階では初回行く予定じゃなかったし・・・。
もちろん、春馬くんを見たいと言う気持ちが無かったかと言うと嘘になるけど、それより空席を無くしたい!という気持ちが強かった。
そうゆう考えもあるという事をわかって欲しいよ。」

「誰にですか?」

「色んな人に…。
春友さんの話だけどフォロワーさん同士で舞台挨拶どこいくの?って話をしてて、朝Twitterを開いたら春友さん宛に《映画を見ずに全ステする奴最低ー!マナー悪すぎ!有り得ない!》だの何だの書き込みがあったらしい。
で、返信しようとしたらアカウントが削除されてたんだって。つまりそれを言う為だけにアカウントを作って去っていったって事よ。
聞いた時、その執着心にビックリした」

「えー!なんですか、それ。そんな人いるんだ」

「いたらしい。
確に私もブログで《何で削除したんですかー!》って言われた時はビックリしたよ。
その後も何回か言いに来たし。
ま、その人たちも春馬くんを思っての行為だと思うけどさ。難しいね、それぞれ考え方が違うから」

「うん……」

「いしちゃんは、春馬の映画何回見に行く予定なんですか?」

「わかんない。上映期間もそんな長くないと思うし。でも進撃はね、目標ブレ猿の23回超え!笑」

「いしちゃんの春馬愛は24回か〜、笑」

「私、1月の社内報に載るんです。私の趣味っていうタイトルで」

「海猿?」

「いや、海女猿、笑」

「さすがともやす!載ったら見せてね、笑」

まぁ、こんなような会話もしまして・・・

ハンサムライブの春馬くんも見せ・・・(笑)

海猿の懐かしい話もして・・・

日は暮れていきました…

今日は徹夜明け〜!真夜中を見て帰りたいな〜と思ったけど、時間的に3時間くらい待たないとダメだったから断念!
疲れた日こそ精神安定の為に良を見たかったんだけどな〜。
明後日まで我慢だわ

今週から続々

今週から1月期のドラマが始まりますね〜!
去年の今頃はワクワクしてたな〜o(^o^)o
観覧の神に、いいとも観覧攻略法を教えてもらい、見事当たった時はガッツポーズでしたわ(笑)

さて、今期のドラマ!私がかなり期待しているのは生田斗真主演の「ウロボロス」

あとはゴーストライター!
見る予定なかったけど脚本が橋部さんだと知り圏外から2位にランクイン!(笑)

その他は、まぁとりあえず見るけどあまり期待しておりません。

今日から

今日が仕事初めのいしちゃんです。
年末年始の疲れが出たのか、風邪気味なのよね〜と言ったら、昨日の飲み過ぎが原因ですと言われたわ(笑)
確かに昨日はいつもより飲みすぎた。
だって、美味しいワインがあったんだもの〜。
image

image

ワインが好きな人は是非!

仕事が終わったら今日も良に会いに行ってくるぞー!!

話はかわるけど、ゴーストライターの脚本って橋部さんだったのね!
はじめて知ったー!
見る予定なかったけど、見る(笑)

またまた話はかわるけど、女王杯の春馬くん、カッコイイ
春馬くんの横顔フェチとしては、たまらないわ(笑)
image

大井に回収しに行こうかしら(笑)

無題

昨日は小・中学校からの友達と会った。
約3ヶ月ぶりの再開ということもあり、12時から1930まで喋りっぱなし!
友達は昔っからのジャニーズファン。
私とは違い、浅く長くなんだよね〜(笑)
光ゲンジも私のほうが早く卒業したんだけど、
私がファン中、その友達に「私が光ゲンジをやめても解散コンサートだけは行きたいから、その時に私が光ゲンジのファンをやめてたとしても、強引に私を連れてってくれ!私が好きじゃないし、行かない!と言っても絶対に連れてって!」と言ったら、友達は約束を守りチケットを取ってくれたんだけど
案の定、私はファンじゃないから行かないしー!
今はB'zだしー!と行って、行くのを拒んだんだ(笑)
しかし、もうチケットを取ったんだからー!と、強引に連れていかれ、最初の方は歌も分からないし、つまんないな〜と思いながらコンサートを見ていたけど、アンコールになり、懐かしい歌を歌い出してから昔の思い出が走馬灯のように頭をよぎり、おもわず号泣(笑)
最後、ローラースケートにスポットライトが照らされ、皆がいなくなった時は何とも言えない気持ちになったな〜。
コンサートが終わってから友達に「ありがとう!約束を守ってくれて。最後を見届けられて良かったよ」って言ったよね(笑)

まぁ、ちょっと思い出に浸ってしまいましたが・・・

友達と別れてから1人真夜中鑑賞!
隣のカップルが最初から最後までずっと小声で話しててマジでうざかったわ!
黙れ!と言いたくなった

さて、今日は海猿仲間の家で新年会!
海猿仲間だけど私は春馬トーク全開でいかせていただきます(笑)

あっ、夏のゴエロク・・・今回は賀来賢人だった
赤坂アクトシアターだし、春馬くんだったら仕事終わりで楽に通えたのに〜

でもゴエロク自体面白いので、一回は見に行こうかな〜。


無題

昨日は真夜中と海月姫を見た。

友達、予告の段階から寝てた
始まったら起きるかな〜と思ってたけど、寝てた(笑)
でも気がついたら見てた(笑)

どうだった?って聞いたら、何だか良く分からなかった。
何が言いたいのがさっぱり分からないと。

まぁ、素直な感想だなと思った。

私も行定監督の話や、春馬くんの話を聞かない状態で見てたら同じ感想だったかも

色々説明してあげたけど、やっぱり納得してなかったかな〜。
なんでこんな訳のわからん映画を作るんだろ・・・的な感じだった。

さて、海月姫!
面白かったけど、もっとオタクの恋愛系を全面に出す映画かなと思ったら違ったので、ちょっと期待ハズレだったかな〜。
ちなみにこの映画!
能年ちゃんより、菅田くんでしょ!
菅田くん、演技うまいわ〜。
菅田くんのお陰でこの映画は救われたね(笑)
ファッションショーの女装もメッチャキレイだったけど春馬くんのほうが絶対にキレイだ!と思いながら見ていました(笑)
最近、見る映画やドラマを春馬くんだったら、この役をどう演じるかな?・・・とか、
役を春馬くんに脳内変換して見てしまう自分がいる。
それだけ次の作品を期待している私(笑)
image

春友さんの、走り抜けてどっかいっちゃいませんよーに!(笑)
発言に爆笑してしまいましたが、

とりあえず更年期前後のファンが多いので、
次の仕事の情報アップ!
お願いしますわm(_ _)m

さて、これから友達と遊んで、その後に4回目の真夜中を見るぞー

あけましておめでとうございます(追記)

image

今年も自分が思った事、感じた事をこのブログに書いていきたいとおもいます。

今年も宜しくお願いします

追記―。
こんな記事があったので。

視聴者の満足度という視点で見ると今年のナンバー1ドラマは?

データニュース社(東京)が行なっているテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」によると(2014年1月〜12月に放送された20時台〜22時台の現代劇、接触数50以上のもので集計、3000人調査)
2014年満足度ナンバー1ドラマ「きょうは会社休みます」で4・074(5段階評価)

2位は「ドクターX」の4・061

3位は1月クールに放送された三浦春馬主演の「僕のいた時間」4・035。
このドラマはALSという難病にかかった青年のヒューマンドラマで、平均視聴率は10・1%と高くはなかったが、満足度では3位と視聴者の評価は高かった。

嬉しいので思わず貼ってしまいましたo(^o^)o
あっ、1位のドラマを喜んでるワケではないっスからね(笑)

さて、今日は1日!
そう!映画の日。1000円で見れる日です。
なので、友達を連れてまたまた真夜中を見てきま〜すo(^o^)o
別に見てもいいよと言われたもので(笑)

友達を誘って見に行く!
これ、海猿の時からの基本(笑)
一人でも多くの人に見てもらいたいから


月別アーカイブ
プロフィール

隊長・いしちゃん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Ads by livedoor