時代設定・・・昭和〜平成。

私は恋子16歳。高校1年生。
ジョニーズ事務所の光ゴンジ大好き娘
高校に入ったら野球部のマネージャーになって、めざせかっちゃん甲子園!になる予定だったんだけど、何故か今、女子高にいる。

たまたま隣の席になったみーちゃんが
同じ光ゴンジファンで、しかも追っかけをしているというので、興味本意で1回ついて行ったら度ハマリ!
私も追っかけの道に足を踏み入れる事になった。

その追っかけの師匠みーちゃんが今朝学校にくるなり
「ちょっとちょっとちょっと聞いてー!きのうあきおの誕生日にプレゼントを持って家に行ったんだけど、そしたらおばさんとお姉さんが出てきて、周りに集まってた子を集会所に呼んでパーティーを開いてくれたのー!
でね、あきおも顔を出してくれてプレゼントを手渡しできたのー!仕事があるからすぐいなくなっちゃったんだけどね、今日はありがとう!って、仕事に行ったー!恋子も来ればよかったのにー!」

「マジー!行けば良かったーー(涙)」

と言ったものの、半信半疑な私。
わざわざ家族がそんな事しなくない・・・?
みーちゃんの妄想か?とも思ったが、
色々とめんどくさくなりそうだったので
話に乗った。
ちなみに私はあきおファンではなく
諸橋ファン。
でもオイシイ匂いがしたらお目当てじゃなくても行く。

さて、学校が終わったら速攻みーちゃんと
EXに行かなきゃ!

そうそう!追っかけの間では局を名前呼びしない。CXとかEXとかLFという言い方をする。
何でかわからないけど皆がそう言ってるので
私も右にならえしてる。

みーちゃんに聞いたら、業界人がそう言ってるから!と教えてくれたが、
な〜んだ。ただ、かぶれてるだけか?と思った。